パティシエになりたいなら製菓専門学校を目指そう!

ウーマン

自分で作れます

食器

ポーセラーツは、見た目の美しさに限らず、自分で技術を習得して行う事もできます。大阪には、手軽に始められるお教室も多数存在しています。大阪のお教室の特徴としては、コース内容などが豊富というポイントがあります。指導者育成を目的としたコースをもっているお教室もあり、希望に応じたレッスンを受けられます。

もっと読む

パティシエを目指すには

パティシエ

スイーツ人気で注目

今、小学生の女子が将来最もつきたい職業としてあげているのがパティシエです。色とりどりに美しく、しかも甘く美味しい洋菓子は、女の子の大好物の1つです。だからこそ、そんな洋菓子をまるで魔法使いのように作ることができるパティシエに憧れを持つのも当然といったところでしょう。また、ここ最近は様々なスイーツがブームとなり、老若を問わず女性の注目度が高くなっています。そんなことからケーキ店等の製菓を製造する営業施設は年々増え、その勢いはとどまるところ知らず、それゆえパティシエの需要は高くなり目指す人も非常に増えているのです。また、調理師など調理の仕事に関しては男性が多く女性は少ない傾向にありましたが、製菓においては年々女性の数が増え、この傾向はさらに加速するとみられています。女性に愛され女性が憧れる製菓を仕事とするパティシエは、今後も高い人気を維持すると考えられているのです。

パティシエになるには

パティシエになるために絶対必要とされる資格はありませんが、実際のところ非常に高い技術と専門的な知識がなくては販売するに値する製菓を作ることは不可能なため注意が必要です。そこで現役のパティシエの多くは、調理師専門学校もしくは製菓専門学校に通い、基本的なスキルと知識を学びます。中でも最も多いとされるのが、調理師専門学校に入学し調理に関する基本を修得してから、さらに製菓コースを履修するか製菓専門学校で学ぶというものです。こうしてしっかり基礎を固め、卒業後は製菓店やホテル、レストラン等で修行をして一人前のパティシエとなっていきます。なお、パティシエには必須ではありませんが国家資格が用意されています。1つは製菓衛生師で、パティシエとしての資質の向上および衛生管理を行います。こちらは独立して店を持つ、または店長となる場合必要となる資格ですので、将来のためには取得することがおすすめです。もう1つは菓子製造技能検定で、こちらを取得すると菓子を作る上での技能が一定に達していると認められます。いずれも受験には、専門学校を卒業するもしくは2年以上の実務経験が必要です。

日本が誇る食の代表

寿司

寿司職人を目指す人は、学校や専門学校で学ぶ方法もあります。仕込みからにぎり、接客までトータルに学ぶことが出来、卒業後の就職先となる寿司屋のあっせんも行っています。日本人だけではなく海外からも学校への入学希望が殺到しています。

もっと読む

仕事に生かす

バリスタ

現在コーヒーの資格はたくさんあります。その中でもコーヒースペシャリストという資格は講座や検定試験がすべてインターネット上で行われるため手軽に受けられることから社会人や主婦など人気があります。また、資格を取得することで就職や独立開業に生かすことができます。

もっと読む