日本が誇る食の代表|パティシエになりたいなら製菓専門学校を目指そう!

パティシエになりたいなら製菓専門学校を目指そう!

女性

日本が誇る食の代表

寿司

繊細な味とつくり

近年、外国人観光客が増加しており、観光地では様々な言語を話す外国人をよく目にするようになりました。外国人の多くは、日本らしい文化に触れたいと考えており、古き良き日本らしさを残す観光地へ訪れています。逆に日本の電化製品を購入したり、アニメや漫画といった日本発信の文化に触れている人も大勢います。日本の食で外国人が好きな食べ物は、てんぷらやすき焼きなどの他に寿司があります。寿司職人は日本では減少しており、生粋の寿司職人は高齢化が進んでいます。しかし、日本を代表する食文化の一つである寿司は、日本人のみならず外国人も愛する食べ物です。寿司職人になるためには、寿司屋に弟子入りして修行をするのが一般的です。

学校で学ぶ

弟子入りして修行し、寿司のいろはを学ぶことはとても重要です。しかし一人前になるためには長い時間が必要であり、寿司職人になる前にやめる人も多くいました。近年、寿司職人になるための学校が開校し、人気があります。2か月から3か月で寿司職人になることができるコースなどがあり、日本人をはじめ海外からも日本の寿司の技術を学ぶべく生徒が押しかけています。寿司職人は寿司を握るだけではなく、仕込みからはじまり、にぎり、もてなしといった接客業も大切な仕事です。そういった寿司に関するトータルな授業を受けることで、卒業してすぐに寿司職人として働くことが可能です。日本を代表する食文化である寿司の魅力を、日本人や海外へ発信できる生徒がぞくぞくと現れています。